head.jpg




赤福偽装 むきもち、むきあん

店頭から回収した赤福餅を、餅とあんに取り分け、「むきもち」と
むきあん」の処理作業を行い再利用していた。
 「むきあん」は50%をグループ会社の「和菓子の万寿(ます)や」に販売し、残りは肥料として売却。
 「むきもち」は加熱乾燥処理した後、99%は消却、一部は半製品に混ぜていた。            中日新聞 10/19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。