head.jpg




船場吉兆 社長・長男・次男辞任

===========================
船場吉兆 創業一族におごり
........
 「父に申し訳ない」−。湯木正徳社長の妻で創業者の三女、佐知子取締役は記者会見でうなだれ、「このまま死んでも父から『何ということをしたんや』としかられると思います。今は大変深く反省しています」と泣いた。
===========================
引用元:Yahoo HeadLineニュース 12/10 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000073-san-soci



【ここで新たに判明した偽装をまとめると】

 ■期限改竄が30商品にものぼり

 ■「風流吉兆明太子」や「高砂 穴子山椒煮」「そば」「栗の瓶詰」など、
  つくり置き商品の大半で賞味期限の改竄(かいざん)がされ

 ■原材料の不適正表示が行われ、

 ■一部は期限切れで販売されていたようだ。



もうこれはいうまでも無く、会社ぐるみで行っていた以外の何物でもない。


 ・それを、いままではパートやアルバイトの人間の責任
 ・取引業者の責任
 ・一部の仕入れ担当者の責任



等々で、逃げて来ていたわけだが、それにしても企業としての責任の取り方として最悪のケースでは無いだろうか。

これにより湯木社長、長男喜久郎取締役、次男尚治取締役が辞任を表明し、社長の妻でおかみの佐和子取締役が「残って再生」させるとのこと。

確かにこれだけ上層部が抜けるとトラブルを収拾する責任者がいなくなる為におかみが残るのかも知れないが、これらのトラブルが収拾したらやはり辞任して、新体制に任せ再出発するのか、または、このまま廃業に追い込まれるかではないだろうか。

とにかく、企業は色々なトラブルを招く、引き起こす場合は多々あると思うが、

  その後の対応の仕方によって企業の本質や底力在り方が試される

のではないかと思う。

会見の模様 YouTubeより
| 食品

船場吉兆 社長長男辞任

===========================
船場吉兆 創業一族におごり
........
 「父に申し訳ない」−。湯木正徳社長の妻で創業者の三女、佐知子取締役は記者会見でうなだれ、「このまま死んでも父から『何ということをしたんや』としかられると思います。今は大変深く反省しています」と泣いた。
===========================
引用元:Yahoo HeadLineニュース 12/10 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000073-san-soci



【ここで新たに判明した偽装をまとめると】

 ■期限改竄が30商品にものぼり

 ■「風流吉兆明太子」や「高砂 穴子山椒煮」「そば」「栗の瓶詰」など、
  つくり置き商品の大半で賞味期限の改竄(かいざん)がされ

 ■原材料の不適正表示が行われ、

 ■一部は期限切れで販売されていたようだ。



もうこれはいうまでも無く、会社ぐるみで行っていた以外の何物でもない。


 ・それを、いままではパートやアルバイトの人間の責任
 ・取引業者の責任
 ・一部の仕入れ担当者の責任



等々で、逃げて来ていたわけだが、それにしても企業としての責任の取り方として最悪のケースでは無いだろうか。

これにより湯木社長、長男喜久郎取締役、次男尚治取締役が辞任を表明し、社長の妻でおかみの佐和子取締役が「残って再生」させるとのこと。

確かにこれだけ上層部が抜けるとトラブルを収拾する責任者がいなくなる為におかみが残るのかも知れないが、これらのトラブルが収拾したらやはり辞任して、新体制に任せ再出発するのか、または、このまま廃業に追い込まれるかではないだろうか。

とにかく、企業は色々なトラブルを招く、引き起こす場合は多々あると思うが、

  その後の対応の仕方によって企業の本質や底力在り方が試される

のではないかと思う。

| 食品

船場吉兆 またもや 誤解招く表記、書見期限延ばし!

===========================
船場吉兆「高砂産の穴子」誤解招く表記、賞味期限延ばしも!
........
兵庫・高砂産の穴子を使用していないのに、商品名を「高砂 穴子山椒(さんしょう)煮」としていたことがわかった。
===========================
引用元:Yahoo ニュース 12/08 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071208-00000101-yom-soci 12/08


いろいろ食品偽装について書いてきたが、これまでの「但馬牛」「地鶏」偽装、等々の経過を見てもこれはひどい!

今回の内容をまとめて見ると

 ■「高砂 穴子山椒(さんしょう)煮」の「高砂」表記は、「産地ではなく、おめでたいという意味だ」と喜久郎取締役(45)が釈明。
   --->背景には兵庫・高砂産の穴子は贈答用商品でも高級品として認識されていた。

 ■本来は製造日をもとに賞味期限を設定しなければならないが、関係者によると、同社は出荷日を起点に設していた。



高砂 穴子山椒(さんしょう)煮」

確かに高砂穴子とは書いていない

ただ、背景を考えると、明らかに消費者に産地の誤解を生じさせ購入させるためと推測される。

それにしても、

パートに偽証させようとしたり、

納入業者のせいにしたり


そして今回の「高砂」

それも喜久郎取締役(45)は船場吉兆の湯木正徳社長(74)の長男で有る事を考えると、

   船場吉兆の企業としての体質

と考えざるを得ないのでは?
| 食品

「御福餅本家」近く営業再開

==========================
製造日偽装などで営業自粛を行っている「御福餅本家」は5日、農林水産省に改善措置を報告する。近く営業再開する見込み。
==========================
引用元:中日新聞 2007/12/5



ohuku.gif

赤福餅とパッケージも形も似ている御福餅だが、
製造日偽装まで赤福餅と似て行っていた御福餅だが、
ようやく、営業再開する見込みだそうです。

少し、味は赤福餅より御福餅の方が甘さ控えめの感じかしていたのだが、12月5日現在赤福餅も御福餅も販売していない。
伊勢に行かなくても名古屋駅やその近辺でおみやげに買って行くには
美味しくて、手頃で、喜ばれていたのこの間の出来事は非常に残念です。

赤福餅300年の歴史、御福餅70年、両家とも歴史がある老舗だから
その老舗の誇りと名誉にかけて、安心して美味しい味を楽しめるような体制を整えて再開をのぞみたい。
| 食品

「モランボン肉まん、あんまん32万個回収

==============================
焼き肉のたれで知られるモランボンは4日、重量不足の肉まんなどを出荷していたとして、計32万個を回収すると発表した。
==============================
引用元:asahi-com12/04 http://www.asahi.com/special/071031/TKY200712040466.html



niku_moranbon1.jpg

モランボンと言えば「焼き肉のタレジャン」で有名だが、
そのモランボンで、重量不足の為、32万個を回収することになった。
それも私が冬になるとお腹が空き、良く近間のコンビニ飛び込んで
購入する「肉まん」「あんまん」「黒豚まん」が対象だそうです。

寒さで身体が芯まで冷えた時の、ほっかほっかの「あんまん」「肉まん」をアツアツと言いながら食べる事は、本当に美味しいし、幸せを感じる瞬間で有る。


まあ安上がりですむ幸せだが!


残念ながらモランボンの「あんまん」や「にくまん」にはお目にかかった事は無いが(もしかしたら知らずに食べている場合もあるかも知れないが)その時、やはり1割近く少なかったらおこるわな!きっと。
でもそれだけ少なくてもわかるか自信は無いが。
| 食品

「ベビーフード5品目から大腸菌群検出

========================
 ベビーフード大手の和光堂は3日、粉末タイプのベビーフード「手作り応援」シリーズ5品目で、本来は検出されない大腸菌群が検出されたため約21万個を自主回収し、代金を返還すると発表した。
========================
引用元:毎日新聞


鶏レバー.jpg
ベビーフード大手の和光堂のベビーフード5品目から大腸菌群が検出された。

 なんとこれは粉末タイプのベビーフードからだそうです。

私は

粉末に大腸菌が入る??????

と思わず考えてしまったが、認識を改めないといけない。


この和光堂の場合は他の所のように保健所等の検査で発見される前に、自主検査で発見され、自主回収を行う点は他の法律上の違反問題とは違う点ではあるが、反面母乳を飲んでいる時から
免疫力を持たない食事に変わる離乳食の時に、健康に直結する大腸菌が発見
となるとやはり影響は大きく、私だったら購入は当面控えたと思う!

| 食品

「ローソン おまえもか!

================================
 コンビニエンスストア大手のローソンは3日、大阪市にある加盟店で消費期限を1―2日過ぎたおでんを販売していたと発表した。
================================
引用元:nikkei-net 12/03
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/top/index.cfm?i=2007120303144b1



ローソン.gif

ローソンで期限が切れたおでんを販売していた!
本当にローソンほどの大手のコンビニでも管理体制がやはりしっかりとしていなかったのだね!


県や保健所の管轄によって違うのかも知れないが、元々飲食店の場合は、客席と調理場との間をしきって無いといけないと聞いたことがある。

まあ屋台の場合はそう言うわけにはいかないだろうが、
コンビニの場合、お客さんの目の前にあるのだから

衛生上の問題は無いのかな?????

と思っていたんだが、今回はその点では無く、期限が切れたおでんを販売が問題になった。

それも、男性オーナー(54)が、期限切れを認識したうえで、従業員らに販売を続けるよう指示していたとなると本当にどうなっているのだろう。

もっともおでんは煮込んだ方がおいしいとは思うが。

| 食品

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。